○こちよ「最近あの人自分のこと「ぱんださん」って言われることに罪悪感があるらしいわよ」●ちよ「もうそんなに若くないんだからそういうかわいい呼ばれ方は微妙よね」


by panda-panda78

かいているひとのこと。

ねこは大好きだけれども、実はそれほどぱんだが好きじゃないエセ「新党ぱんだ」の外務大臣が、18歳の時体験した薪窯が忘れられず(?)東京でのレストラン勤務に見切りをつけて26歳の時に愛知瀬戸の訓練校へ。1年間の土まみれの生活に自分の可能性を見つけてみたり。
土がすきどろまみれな人生を歩みたいと中国製土工場の品質管理の現場に飛び込んでみる。
[PR]
# by panda-panda78 | 2001-01-01 00:00

下書き③ 完成

b0099333_0305096.jpg


おめでたいことに研究室の銀ちゃんがご懐妊ということで、去年タモさんよろしく「安産!」としていたことを思い出します(「全身タイツ」さんお元気ですか?)

と毎日のように試験室では新商品開発やらのテストで、その新商品の原料の入った(そう簡単に新製品はできないのだけれども)ポットミル4つをちょっと離れた機械のところまで馬くんが2個、銀ちゃんが1個、金ちゃんが1個と持っていくのですが、これからは銀ちゃんにはお願いできないぞと。

と妊娠している銀ちゃんの前はもちろん、「将来子供を産むことになる女性の前でタバコをすうなんてゆるさん」と、まだまだ禁煙分煙からは程遠い中国ではくわえタバコで研究室に入ってくる工員さんをしかりとばすフェミニストIさんは銀ちゃんのためにこうしてごろごろを機械工の袁さんに頼んでつくってもらうのでした。

人気blogランキングへ
[PR]
# by panda-panda78 | 2001-01-01 00:00
b0099333_1127814.jpg

[PR]
# by panda-panda78 | 2001-01-01 00:00

灰谷健次郎

b0099333_11293021.jpg


灰谷さん去年なくなられました。本当に惜しい方をなくしたと著書の優しさと厳しさに触れるたびに思います。
[PR]
# by panda-panda78 | 2001-01-01 00:00

したがき

箱根駅伝・首位に立つ早大の駒野
山登りの5区で、山梨学院大の高瀬(左)を抜き去る早大の主将駒野(中央)。「天下の険」への挑戦3度目で初めて区間1位。往路の順位は早大、駒大、山梨学院大。昨年総合優勝の順大は5区で棄権(2日=代表撮影) 【時事通信社】

H大学は名前もでてきておりません・・。いったい何位なのでしょう。

ひさびさに「陶芸」というカテゴリーを選択しました。工芸ブログとして果たしてこれでいいのでしょうか。

鈴木五郎さんという方が瀬戸にいらっさいます。
鈴木五郎 略歴
1941   愛知県豊田市に生まれる
1957   作陶活動を始める
1962   日展入選
1963   アジア陶芸展出品
       朝日陶芸展静岡県知事賞受賞
1964   第50回記念光風会展入選
1966   朝日陶芸展最高賞受賞
1968   朝日陶芸展優秀賞受賞
1969~70 アメリカ陶芸視察
       ロサンゼルス「Q」にて個展
1971   第3回中日国際陶芸展奨励賞受賞
1975   朝日陶芸展‘75賞受賞
       ロードアイランド美術大学へ招聘される

以下個展いっぱい。
訓練校の大先輩にして、訓練校出身のお方では一番有名なお方だそうな。
ろくろの技術は超技巧だそう。瀬戸にいたときには陶芸の世界に疎いぼくでもあれこれ五郎さんの話を聞いたものです。

今年の1月頃すでに中国行きの就職先が決まってはいたのですが
「五郎さんの弟子が一人辞めるようで、新しい弟子は出来れば訓練校から欲しいというオファーがあるらしいけれども、ぱんだくん名乗りをあげてみたら?」「いや僕はいい。」
と即答してしまった僕でごめんなさい。
僕は「教えてもらう」ということがどうもだめでして。剛情っぱりだし、見て覚えることが出来るほど器用ではないから、自分で自分がいいと思ったものを積み上げることしか出来ないのよね。

と、五郎さん訓練校を出る時には一番うまかったらしいですし(そんな言葉言いってみたいものです。)就職してからもろくろの前にものすごく長い時間座ってたくさんの数のものをつくって超技巧を手に入れたと。

とIさんのプリント片手に
[PR]
# by panda-panda78 | 2001-01-01 00:00 | 陶芸