○こちよ「最近あの人自分のこと「ぱんださん」って言われることに罪悪感があるらしいわよ」●ちよ「もうそんなに若くないんだからそういうかわいい呼ばれ方は微妙よね」


by panda-panda78

カテゴリ:陶芸( 30 )

テストピース

b0099333_0132480.jpg

着々と「仕事の時間」に「自分の作りたいもの」の焼成テストを繰り返すぱんださん。
周りからは「熱心に仕事をしているように見える」というおまけ付きです。

黒のテストピースはわが社の製品の粘土に黒の顔料を練りこんだものなのですが
「発泡」
しているのですわね。
顔料の耐火度が低いということなのでしょうか?

人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-19 00:10 | 陶芸

上絵付け

最近忙殺されておりますプランターサンプル作成
「白の釉薬に赤の上絵でラインをお願いします」
との指示

ウワエ?

P「上絵具って水で溶いていいんすか?」
Iさん「全く知らん!」
即答。
釉薬屋さんとつちばかには荷が重過ぎます。

先日のロクロ画像といい、上絵具なにで溶くんですか?といい着々とメッキがはがれつつある今日この頃・・。D科の失笑が聞こえてきます。

インターネットというツールはなんて便利なんでしょう。

冷静に考えれば釉薬という一種のガラスの上に書くわけだから、ニカワやらねばりのあるものが必要になるわけですね。なるほど。

「わが社にはニカワがないので作業できません!」
と名古屋の指示だし拒否したいところですが、セメダインからムラ○ミのハバリまで
もちろん膠もありますぜ。
DQでもFFでもボス敵からは逃げられません。。

明日までか・・、間に合うのかな。
11位とありがとう。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-17 23:30 | 陶芸

氷晶石

以前記事にしました
「大きな貫入を入れるにはどーしたらいいんだべ?」

去年年末にU氏経由で
「使やー。」
ととある某氏(愛妻家)から「白い粉」を頂きました。

b0099333_0383463.jpg

b0099333_0385881.jpg


「楽しい鉱物図鑑」なるIさん所有の本の写真ですが「氷晶石」なる物質で、釉薬の収縮率を変えるものらしい。。

インターネットサイト 陶芸入門 陶芸Q&A Q152を参照
クレオライト(Cryolite・氷晶石・ひょうしょうせき)は、「Na3AlF6」という論理組成の鉱物で、主に、アラスカやグリーンランドなどの北方で産出するそうです。一般的にはボーキサイトからアルミニウム地金を取り出すときに使用するもので、、ホール・エルー法という電気分解法を用いる時に、使われるらしいです
「楽しい鉱物図鑑」によりますと以前はホール・エルー法で必要と氷晶石を大量に輸出し、グリーンランドを所有していたデンマークはだいぶ潤ったらしいですが、今では他の方法が確立されてしまったので「溶けない氷」はそのままグリーンランドの地層に眠っていると。
陶芸関係の本を見たらば、琺瑯などで希に使用される釉薬の溶媒剤という内容を発見。ただし、焼成中に猛毒のガスを出すので、かなり換気をしっかりしないと危ない原料なのだそうです。つまり、陶芸では、まず使わないと思って間違いありませんね。

!!

「穴窯にてビードロがかかるかな?」
だとか
「訓練校見学会の時、訓練校の紹介の取材を受けたビデオをみたが、明らかに当時の彼と今と彼の「はえぎわ」の位置が違う」
だとか、愛に裏打ちされた(ここ重要)失礼コメントを彼に内緒でブログにアップしてきたはずですが、どこでばれたのでしょうか・・(実際は毎日見てくださっているそうです。)
「殺されようとしているのか、俺!?」

やっぱり「はえぎわ」は言いすぎだったかな・・・。

薪窯もひと段落、最近はプランター事業部のサンプルつくりにいそしんでいるぱんださん換気に十分気をつけて作業を行うのでした。
(夜のうちに電気窯スイッチオン。次の日の朝はもしガスが発生していたことを考え、ドアを長い時間あけっぱなしにしてから突入(笑))

石灰透明釉薬 1220度
外割りにて5、10、15、20%の割合でいれてみたのです。
わが社の粘土の場合
b0099333_1113822.jpg

あー、やっぱり多ければ多いほど貫入はいってますね。
ぱんださんの掘って来た粘土に試して見た場合
b0099333_11236.jpg

貫入は入ってないけど、謎の色の変化。

大きな貫入とはなりませんでしたが、貫入が入りやすくなることは判明。もう一種類もうちょっと耐火度の低い釉薬に混ぜてためしてみたいところ。
こうごきたい&⑳氏ありがとうございます。

氷晶石ですが
Uさま情報によりますと
瀬戸の梶田絵具店に常時置いてあるとのこと(1,470円/2kg)。

ちなみに
グリーンランドへの空路は、スカンジナビア航空(デンマーク:コペンハーゲン経由)からの接続便(カンゲルルススアーク行き)が便利です。また、アイスランドの首都レイキャヴィークから、アイスランド航空もクルスク、ナルサルクサークへ就航していますが、夏は、ヨーロッパの旅行者がたくさん押し寄せるので予約が取り難くなります。早めに旅行の計画を立てましょう
とのことです。

12位ありがとうございまし。また明日。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-16 00:30 | 陶芸

花札

b0099333_0342122.jpg

とバケツに墨汁を入れ窯から出したばかりの熱い花瓶をつけて、釉薬の貫入(ヒビ)を調べております。

・・・。
b0099333_0373639.jpg


似てる。

しかし全くルール知りません、花札。
雨が降って傘をさしてる平安人の図柄も好き。
12位ありがと。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-15 00:00 | 陶芸

薪窯完成

b0099333_2337379.jpg

捨て間
b0099333_2338327.jpg

本体

と各部屋の床にも煉瓦を敷きまして、薪窯本当に完成しました。
おれおめでとう!
(が、画像でみるとあちこちに粘土詰めきれていないところに今はじめて気がつきましたが 笑)

先日千葉の先生の薪窯を僕が作りますだなんて言っちゃいましたが
「正直しばらく煉瓦に触れたくない」 のが本音です。。

ガス窯でも、灯油窯でも同じと感じますが、窯に作品を詰めるところまでが大変なわけで、
「窯に火を入れると、ほっとする」
と、ほんとは焚きあげが残っているわけでほっとするのは先のことなのですが、実感のこもった言葉であります。。

と3月の中国陶磁器旅行の時までになんとか作品焼成を行って、わが社見学に来てくださった方対象に
「即売会」
をしたいものである(笑)
お安くしておきます。

11位ありがと。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-14 00:00 | 陶芸

前方後円墳

b0099333_1917139.jpg

とこのような頭を窯につっこんだ体勢で先日は窯の天井や側面の隙間に粘土を詰めました

(「となるとこの写真は誰が撮ったわけ?」お分かりとは思いますが、長靴は本体入っておらず。「新党ぱんだ」得意のやらせ画像です。)
b0099333_1824114.jpg


旧正月中だれもいない工場で(しかも窯は工場の相当裏)この体勢でいると
「もし天井が崩れてきたら誰も助けに来てくれないだろうなぁ・・・。」

「窯さん大丈夫よね。崩れてこないよね?」
と丁寧口調で何度も愛を確かめるぱんださん。


煉瓦に囲まれて寝そべりながらぺたぺたとしていると
「古墳に葬られた王」
の気分を体感できます。

2008年中国陶磁器の旅の目玉企画
「一足お先に ⑳氏古墳入り」

誰ですか、作品も入っていないのに「火をつけようとしている」ヤツは!

いい感じでビードロがかかることを期待しております。10位ありがとう。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-12 18:00 | 陶芸

ついにテトリス棒きたる

b0099333_2256183.jpg

いやー。毎日日曜日というものはいいものです。え?いつもそうじゃないかって?
多少ぱんださんも遠慮がありますので仕事しているふりくらいはするのでここまで心置きなく日中から薪窯はできません。。
薪窯ずいぶんとすすみました。今日は窯本体の外側に粘土をぺたぺたとくっつけ保温力アップをねらっております。
偶然というか、結果的なのですが窯に傾斜をつけるために掘って掘って掘っていたら半地下式の窯になりましたので、外側ぺたぺた作業は楽でした。これが普通の地上式ならば完全に全体を被わなくてはいけないので難しいところでしょう。
特に捨て間さんのところは火色作品を狙っておりますので保温&徐冷却が大事であります。

b0099333_233507.jpg

C・W・ニコルさんよろしく「森はイキテル」とつぶやく日もも徐々に近づいております。

薪窯本体がなかなか完成しなかったので、周りにあった煉瓦を片付けられず
「テトリス棒待ち」状態が長く続いていましたが、完成を機に余計な煉瓦はさしあたり後ろに片付け相当すっきり。(レベル9テトリス12000点)
窯周辺に薪を移動させつつあります。。

ゲームボーイで22万点をたたき出したことがありました。ああ久々にやりたいものです。。
今日は11位でした。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-06 22:00 | 陶芸

薪窯近況

「ぱんだは週休7日じゃないのか?」
などとブログを読んで下さっているひとからもっともな疑惑をかけられる今日このごろですが、休みの日であってもちょこちょこと出荷があったり、原料が届いたりと完全に一日中休みというのはあるようでないのですが、今日からは完全に事務所も現場もお休みとなりましたのでこれでもかこれでもかと薪窯をつくりたいとおもいまふ。
b0099333_2247296.jpg

とやっとこさ窯本体の天井出来上がりました。枠はずいぶん早く出来ていたのですが、雨がふったり出張があったり、寒さに負けたり1月中には仕上げたかったので3日遅れというところですか。
b0099333_22533165.jpg

下の土管にマリオが入ると、上の土管から出てきて1UPキノコが取れます。。

「始皇帝の墳墓にしても、明の十三なんたらにしてもその膨大な大きさと労働力をお墓というゆくゆくは隠してしまうもの、目に見えないものに費やしたことは、それだけ当時の中国の人たちが死の世界というのをリアルに感じていたから」

それはさておいて

「ビジュアルよりもまず機能重視」
なぱんださん、せっかく遺跡っぽいビジュアルの窯ですが保温力を高めるために表面を土で被ってしまいます。。
が釉薬がどこくらいとけたかな?をチェックする穴やら(マリオ下の土管)、温度計の穴(マリオ上の土管)までふさいでしまうわけにはいかないので煉瓦で土が入ってこないようにかこってあるわけですね。。

「けど窯修理が必要な時にはどうするんや?」
というIさんの意見はもうちょっと早くほしかった。。

あとさきあまり考えてませんからぱんださん。今日は8位ありがとね。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-03 22:30 | 陶芸

引き出し黒

( 2007年12月25日 06時00分)
全国区になる前で“密室芸人”などと呼ばれていた時代のタモリが発売したアルバム3作品の復刻盤『タモリ』(オリジナル発売:1977年3月)、『タモリ2』(同:1978年12月)、『ラジカル・ヒステリー・ツアー』(同:1987年7月)が、タモリのレコードデビュー30周年を記念し今月19日に“紙ジャケCD”として再発売。

タモさんネタをだいぶ活用し笑いを取らせていただきました僕としては、これはチェックしておきたいところであります。ちなみに「いいとも」で爆笑の太田さんと一緒の曜日の時のタモさんはこの「密室芸人」よろしくその時の片鱗をみせて永六輔氏の「浅田飴」ネタなどマニアックに走る彼が大好きです。

ちなみにセ○ールですが
イロッフル・サ・コンフィアンス・エ・ソナムール
愛と信頼をお届けする

といっているのだそうで、芥川龍之介の小説「芋粥」にて主人公が「ああ一度でいいから芋粥なるものが食べてみたい、みたいものだー」と。念願かなって食べたところ「ああこんなものか」という虚無感に襲われたのだと。
「あいとしんらいをおとどけする」だなんてうすっぺらい理想ごと言われてはいそうですか、と納得できるほど僕が篠塚さんが幸せになって欲しい想いは軽くないんですよ。まったくこまったものです。

b0099333_12592097.jpg

引き出し(黒)というエキサイティングな技法をご存知でしょうか。
窯の温度が釉薬が溶けるくらいの温度になったところで、窯の一部分をぱかっとあけて中の茶碗を取り出して水につけるというこれまた派手ではありませんか。
簡単にいうと(簡単にしかいえないのですが)窯の温度をゆっくり下げると表面の釉薬がてかてかになってしまうので、特に茶器などのちょっと武骨ですぜ感が欲しいときなどは(特に黒の釉薬でよく行われまふ。)途中で水につけるわけですな。

と僕の手はどうも1250度の高温には耐えられそうもないので鉄のはさみを買ってきました。
b0099333_12442448.jpg

これが標準タイプ。一個4元で60円くらいですか。瀬戸の村○金物店では僕はもう買えないことでしょう。
そしておちよは引き出さなくても真っ黒でし。

b0099333_1259497.jpg

と先っぽをちょっと曲げてグラインダーで削って窯から取り出す時に引っ掛けやすくしたタイプ。

b0099333_1337388.jpg

とりだした茶碗をがばっと水につけるため用に力が入りやすくするために先っぽをおもいっきりカットして、手の部分を支点に近いところまでトンテンカンしたタイプ。

なかなかぱんださんがんばってるじゃないですか!ところで実際に焼く作品は?・・などと聞いてはいけません。8位とありがとう。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-01-20 00:00 | 陶芸
b0099333_021819.jpg

例えば去年アトリエにいた時なんぞいざ何かつくりはじめてから
「メジャーがない」だの「はかりがない」だの「紙やすりがない」ということに気がついてあわてて100均にバイクを飛ばしたものでしたが、工場勤務だとこのような電気工具がそろっているのがなによりもありがたいところである。
b0099333_0244037.jpg

工場長のイーさんにお願いしていた薪が昨日の時点で「明日届く」ということだったので、後々工具が使いやすいようにと、電動カッター(?)付近を空けておいたのだが、
朝起きてから予定配置位置の右の方をみてみるとあら?
b0099333_0283021.jpg

すでに朝一番で持ってきてくれた模様。仕事が早いのね・・・。
ぱんださん後で愛車のねこぐるまに乗せて予定配置場所に移動させるのでした
ところで
b0099333_0301515.jpg

あらら、松じゃないですか。嬉しい誤算。
松は油分が多いために「火足が長い」簡単に言えば燃やした時炎が長く伸びるということで「還元」なる焼き方をするときにはぜひ欲しいアイテムである。
140kgで70元だから=1000円くらいかな。
色々と手配してくれたことやらに感謝の意味をこめてぱんださんはちょっと多目の85元と、持っていないとのことだったので本屋さんで買っておきました「日本語初級」の本を渡し申した。
去年の夏に突然以前の工場長さんが辞めて以来あれこれとがんばってくれておりまし。彼がいなければこの工場はなりたちませぬ。せめてこのくらいはさせていただきたいところでありまふ。

本人登場が好影響だったのか?6位と順位あがりまして。ありがとうございます。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-01-17 00:01 | 陶芸