○こちよ「最近あの人自分のこと「ぱんださん」って言われることに罪悪感があるらしいわよ」●ちよ「もうそんなに若くないんだからそういうかわいい呼ばれ方は微妙よね」


by panda-panda78

薪窯近況

「ぱんだは週休7日じゃないのか?」
などとブログを読んで下さっているひとからもっともな疑惑をかけられる今日このごろですが、休みの日であってもちょこちょこと出荷があったり、原料が届いたりと完全に一日中休みというのはあるようでないのですが、今日からは完全に事務所も現場もお休みとなりましたのでこれでもかこれでもかと薪窯をつくりたいとおもいまふ。
b0099333_2247296.jpg

とやっとこさ窯本体の天井出来上がりました。枠はずいぶん早く出来ていたのですが、雨がふったり出張があったり、寒さに負けたり1月中には仕上げたかったので3日遅れというところですか。
b0099333_22533165.jpg

下の土管にマリオが入ると、上の土管から出てきて1UPキノコが取れます。。

「始皇帝の墳墓にしても、明の十三なんたらにしてもその膨大な大きさと労働力をお墓というゆくゆくは隠してしまうもの、目に見えないものに費やしたことは、それだけ当時の中国の人たちが死の世界というのをリアルに感じていたから」

それはさておいて

「ビジュアルよりもまず機能重視」
なぱんださん、せっかく遺跡っぽいビジュアルの窯ですが保温力を高めるために表面を土で被ってしまいます。。
が釉薬がどこくらいとけたかな?をチェックする穴やら(マリオ下の土管)、温度計の穴(マリオ上の土管)までふさいでしまうわけにはいかないので煉瓦で土が入ってこないようにかこってあるわけですね。。

「けど窯修理が必要な時にはどうするんや?」
というIさんの意見はもうちょっと早くほしかった。。

あとさきあまり考えてませんからぱんださん。今日は8位ありがとね。
人気blogランキングへ
[PR]
by panda-panda78 | 2008-02-03 22:30 | 陶芸